めざせ!!おむつフィッター!!

2016年5月25日

TOP > めざせ!!おむつフィッター!!

お久ぶりです。 最近ホットヨガと禁酒をはじめ、体内から美貌を手に入れようとしているスマイルケアのアイドル「丘」です。

先日、やわら訪問看護主催の

おむつ講習会に参加してきました!

おむつ1 普段なかなか聞けない 

おむつ

介助方法を学んできました。 出来れば

おむつ

を使用しない事にこしたことはないのですが、

おむつ

が必要な方に

おむつ

を履いているという違和感を感じさせないように履いて頂きたい!! そんな気持ちで勉強会に参加しました。 まず初めに、参加者全員がリハビリパンツを着用しました。 股の部分がゴワゴワして履き心地はあまり良いとは言えませんでしたし、履きにくさも感じました。 実際に履いてみて、初めて知る感覚でした。 履き方によってはゴワゴワ感の軽減や、自分でスムーズに履くことが簡単にできてしまう方法を教えて頂きました! 教えて頂いたのは、リハビリパンツの上の部分を半分に折る方法です。 この方法だと利用者様がリハビリパンツを上げやすく、さらに蒸れる範囲も狭まるそうです。 最近は

おむつ

の事を「アウター」、パットの事を「インナー」という呼び方をするそうです。 まさに現代風ですね!! でも、この呼び方で利用者様が分かるのかは疑問ですが‥‥ 最近は、アウターにはパンツ型とボクサー型の二種類があり、 パンツ型はウエストが大きく、足が細い人。 ボクサー型はウエストが細く、足が太い人。 このような形態で作られているそうです。 パットの大きさはもちろんテープ式やマジックテープ式など種類が沢山ありました。 マジックテープ式でのメリットはズレない事、デメリットは握力がない人では剝がせにくい事が発見できました。 介助側(介護をしてる側)からすると、利用者様にすすめる時にもメリット、デメリットを伝える事も大事な情報であり、大切な役割でもあります。 テープの止める位置だけでこんなにも動きやすく、こんなにも違和感が解消されて過ごせる事が出来るのか、と改めて実感しました。 おむつ2 もちろん、

おむつ

をつけずに済む生活が一番だと思いますが、本当に必要な人の為に私達に何ができるのか?? という事を常に頭に浮かべながら利用者様と接する事を心がけてます。 今後もみなさんが笑顔で過ごしていただけるように、たくさん学びたいと思います。

めざせ!!おむつフィッター!!

今回は、

おむつ

のおはなしでした。